生産終了となったVixen(ビクセン)SXP赤道儀を買取しました(東京都品川区)

ご覧頂きまして有難うございます。

ようやく・・・異常に暑かった夏が終わり、特に朝・晩は少し寒くなってきました♪

もう少し乾燥してきてくれると本格的な天体観測シーズンの訪れを迎えられそうです。

さて今回は

東京都品川区のタワーマンションのかなり上の方(笑)にお住まいのお客様より、ビクセンの高級赤道儀SXPとアルミの三脚を買取させて頂きました。

当初は「来てもらうのも大変でしょうから、宅配便で送って良いですか?」とお気遣いを頂いておりましたが、外箱を処分されてしまっていた為に後から「すみません・・・梱包手段がなかなか見つからなくて、申し訳ないのですがやっぱり取りに来てもらえますか?」と買取手段を変更させて頂いた経緯がございました。

なんでも奥様が外箱が邪魔だ!とお客様の知らない内に処分されてしまっていたそうで、残っていたのは本体と説明書のみだったそうです。

お部屋の広いマンションではあるのですが、お客様いわく「意外と収納スペースは大して無いので、たまに奥さんが勝手に整理してしまうんです(笑)」という事で色々と整理されてしまっていた様です。

品川区であれば直接お伺い出来る範囲ではございますので、気持ちよく対応させて頂きました。

ビクセン SXPのスペック

今回買取したSXP赤道儀のスペックは以下の通りです。

メーカー・型番 Vixen SXP赤道儀
発売開始時期 2011年10月
発売当初価格 40万円前後
Star Book STARBOOK TENを標準装備
本体重量 11Kg
搭載可能重量 1.3Kg~16Kg
ベアリング数 15

SXP赤道儀の状態に関して

さて、今回買取させて頂きましたSXP赤道儀ですが、使用回数が間違い無く5回との事で特に大きな傷や汚れも無く非常に綺麗な状態でした。

簡単に動かして頂きましたがボタン反応や動作も良く、御見積もり通りの買取を行う事が出来ました。「高級品だから丁寧に扱った!」とはお客様のお話です♪

外箱まであれば良かったのですけど(笑)、それはもう仕方ありません。再販する際には別の収納ケースをお付けするかなにかで対応させて頂きたいと思います。

ちょっと話がそれますが実を言いますと、こうした天体望遠鏡関係を発送などする場合に適したサイズの段ボールって意外と無いんです。

そのサイズを注文して作ろうとなると、「え!?嘘でしょ??」って金額になったりします。その為、当社でも鏡筒などの長い物に対する「梱包キット」に関しては箱型の段ボールではなく「ぺら型」の段ボールとプチプチをお送りして、2重に「巻いて」頂く形で対応させて頂いています。

元箱があればその上からプチプチを巻いて頂くだけで十分なのですが、そうでない場合は平たい段ボールを折り曲げてガムテープで固定して・・・という工作じみた作業が必要になってしまいます。

これから買取をご依頼されるお客様は天体望遠鏡などの動作確認と一緒に元箱の有無の確認も併せて行なって頂けると助かります。

場合によっては査定にプラスアルファ出来るケースもございます。

関連記事

  1. ビクセン ax103s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP