タカハシFS-60CBを買取しました(東京都昭島市)

ご覧頂きまして有難うございます。

猛暑が一瞬和らいで秋の訪れを感じたと思ったら・・・すっかり騙されてしまいました(笑)。

9月になるというのに非常に暑い日が続いていますね。そんな中、車を走らせて東京都は昭島市まで買取に伺って参りました。

タカハシの

FS-60CBの買取をお願いしたい!とのご依頼で、事前のメール査定での御見積もりにもご納得頂けておりましたので状態の確認をサクサクと行わせて頂き無事にお取引を完了してまいりました。

こちらのアイテムはメイン鏡筒とファインダーだけの状態でも新品ですと税込みで8万円以上するお品物です。

今回は同時に鏡筒バンド(80QS-GT)、RD-C0.72×レデューサー、ワイドマウント、カメラ回転装置、FS60Cフラットナー f/6.2、アリガタプレート2本とアリミゾ(TOMITA製)も同時買取させて頂きましたので高価買取となりました。

専用ではないものの、ハードキャリーケースもオマケで持って行っていいよ!との有り難いお言葉を頂きましたので、そちらに詰めて持ち帰らせて頂きました。

こうしたケースはノンブランドでも作りがしっかりしてさえいれば重宝しますからね♪こだわりの強い方は専用ケースやブランド品にこだわる傾向がございますが、私も機能性重視なので今回のお客様と同様ノンブランドでもバッチリ使い倒します!

尚、肝心な鏡筒やその他のパーツ類の状態ですが「使ってないのではないか???」と思わせる程キレイな状態でした。

若干レンズ表面にホコリの付着は見られましたが、この程度(レンズ表面)の僅かなホコリであればブロワーで吹き飛ばせる程度ですので、問題無しとする事が出来ます。

この日はありませんでしたが、問題なのはレンズの中に入り込んでしまっているホコリなどです。カメラレンズなんかではよく見られる光景ですね。その場合はそのホコリの量や大きさなどにもよりますが査定に影響が出る事もあります。

今回は金属塗装にも全く剥がれなども無く、それどころか小傷もほぼ見られませんでしたので査定にマイナスの影響を及ぼす要因がありませんでした。

お客様が仰るには「一応中古品だけど、5回も使ってないですよ~」との事でしたが、恐らく本当に数回程度しか使用されていないのだと思います。

それ程にキレイなお品物でございました♪

タカハシFS-60CBの詳細スペック

今回買取させて頂きましたFS-60CBのスペックは以下の通りです。

メーカー・型番 高橋製作所(タカハシ)FS-60CB
タイプ 屈折式鏡筒
発売当初価格 8万円前後(鏡筒・ファインダーのみ)
有効口径 60mm
焦点距離 355mm
鏡筒寸法 長さ440mm
ファインダー 6倍30mm

タカハシ製の周辺パーツも買取致します。

この度のお客様には周辺パーツ類を同時にご売却頂きましたが、メインとなる鏡筒以外のパーツも1点から対応させて頂く事が出来ます。

ジャンク品や中古市場での人気が低い品物の場合は対応しかねる場合もございますが、例えばレデューサー1個やモノクロカメラ(オートガイド)1個などでも買取させて頂いております。

パーツによっては小さなパーツでも軽く数万円する物もございますので、「こんな小さな品物の為に業者さんに手間を掛けるのもなぁ・・・」なんてご遠慮はいりません!!

購入時の金額が高い高級パーツや生産終了などで希少性が高いパーツなどに対して様々な対応を行わせて頂いております。

余談ですがレデューサーなんかも単品で4万円以上する物も多いですからね・・・。いざ欲しい!となるとまず中古品から探す方も多いので、中古品でも十分需要があったりするんです!

今回買取させて頂いたタカハシ製の製品ですと「PM-SP」や「EM-200」などの赤道儀関連をパーツとしてご売却頂いた実績もございますし、一式での買取も既に行わせて頂いております。

という事で、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。お問い合わせをお待ちしております!

関連記事

  1. ビクセン ax103s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP